QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
シェルテ
平成4年11月20日生まれ さそり座 血液型O型 現在高校3年生 自称ゲーマーなんだけど周りから見たらオタクなのかも…。 基本的にゲーム、アニメ、マンガは好き。 攻略本を読むのが趣味。 好きなゲーム キングダムハーツ、ぷよぷよ、ポケモン、カービィ、どうぶつの森、ファイナルファンタジー、チョコボ、スカイガンナー、クラッシュ、スパイロ、スーパーマリオ…まだあるかも…。 好きなアニメ・マンガ NARUTOとかハガレンとか荒川UBとか… どうぞよろしくですー☆
オーナーへメッセージ

2008年12月29日

No.14 弱い子は捨てられる?

 ガヤガヤ この日のハナダシティは普段より人通りが激しかった。
コンテストを明日に控え、多くのトレーナー達が集結しているのだ。

「コンテストはハナダジムでやるんだってさ」
ロイヤの突然の言葉にリーラヴはつい「え?」と言ってしまった。
「それじゃあ明日はジムお休みってコト?」
「うん。そういうこと」
「じゃあ今日行かなきゃ!!」
リーラヴはジムに向かい走り出した。
「あ!ちょっと~待ってってば!今日もコンテストの準備があるからお休みなの!」
ロイヤはリーラヴの腕を掴んだ。
「え~!」
「とりあえずポケセン行こ?ね?」
リーラヴは不満そうな顔をしながらロイヤについて行った。

ポケモンセンターはたくさんのトレーナーでごった返していた。
「うわ…すごい人」
リーラヴたちは人を掻き分けながら前へ進んだ。すると突然、怒鳴り声が聞こえた。
「何だテメェ!やんのかコラァ!」
「急に大声出さないでください。僕はただ、あなたのポケモンは
 僕のポケモンの足元にも及ばない、と言っただけです」
言い争っているのはサングラスをかけてタバコをすっているガラの悪い男と
ロイヤと同じくらいの年の少年。
「くっオレのポケモンちゃんが弱いだと!?じゃあ戦ってみるかぁ?」
ポケモンセンターの中は気まずい雰囲気に包まれた。
しかし、誰もこの2人を止めようとはしない。
「いいですよ?そこまで言うなら」
少年と男はポケモンセンターの外に出た。
ポケモンセンターの中にいた人々はその戦いを見守っている。
リーラヴたちもそのバトルを見届けることにした。
「んー」
「どうしたの?リーラヴちゃん」
リーラヴは突然、頭を抱えた。
「なんか…あの人見たことあるようなきがするなーって」
「あの人って…どっち?」
リーラヴは少年のほうを指差した。
「でも…気のせいかなぁ…」
「ふ~ん…あ!始まるみたいよ!」

「僕から出しますね。ムーン!」
少年はブラッキーを出した。
「つぶしてやるぜ!やれ、キノガッサ!」
男はキノガッサを出した。
「へっ1分で終わらせてやるぜぇ!」
「そうですね。1分あれば十分あなたを倒せます」
男はその言葉にカチンときた。
「やってみやがれ!キノガッサ!マッハパンチ!」
 タタッ キノガッサはムーンに突っ込んでいった。
「ジャンプしてよけろ」
ムーンは高くジャンプした。キノガッサのこぶしは地面に突き刺さった。
「ひみつのちから」
ムーンはすぐに攻撃した。キノガッサはよけることが出来なかった。
キノガッサはふらついた。少年は密かに笑った。
「ムーン、ダークラッシュ」
(ダークラッシュ!?)
リーラヴには聞き覚えの無い技だった。
ムーンは全身の力を込めて、キノガッサに身体をぶつけた。
「あれじゃブラッキーまで傷付いちゃうじゃない!」
リーラヴはとっしんやじばくなどのポケモンが傷付く技は好きではない。
「キッ、キノガッサ!?」
キノガッサはバタリと倒れてしまった。ムーンは全然大丈夫のようだ。
本当にこの勝負は1分程度で勝負がついてしまったのであった。

「戻れ、ムーン」
少年はムーンをボールに戻した。そしてニコッと笑い、男に向かってこう言った。
「弱いですね。思ったとおりの結果でしたけど…ここまで弱いとは思いませんでしたよ。
 そんな弱い子、捨てることをオススメしますよ」
その言葉にリーラヴはムッとにた。
「世の中にはもっと強いポケモンがいますからね…そっちのほうがあなたのためですよ」
男は相当ショックを受けたようだった。
「それでは…」
少年はその場から立ち去ろうとした。

「待ちなさいよ!」
その声に周りにいた人たちはザワッとした。声を出したのはリーラヴだった。
リーラヴはツカツカと少年の近に行った。
『リ…リーラヴ?』
チコリータは心配そうにリーラヴを見つめていた。
「捨てるって何よ!自分で捕まえといて逃がすなんて…そんなの無責任すぎる!!」
リーラヴはいつもよりも高いトーンで叫んだ。
「…何ですか?あなたは…弱い子が捨てられるのは当然のことでしょう?」
リーラヴは我慢の限界だった。
「そんなことないわよ!あんたなんか―…え?」
リーラヴは何かを思い出したかのようにハッとした。
「リーラヴちゃん!?」
ロイヤが心配して駆け寄ってきた。
「あたし…この人知ってる…」
「え?」
「会ったこと…ある…」
リーラヴの 気がする は確信になっていた。
「何言ってるんですか?あなたと会ったことなんて―」
少年の言葉をリーラヴがさえぎった。
「タスクさん…ですね?」
リーラヴがそう言った瞬間、少年は少し驚いた。

―思い出した。5年ぐらい前にこの人と会った。
そしてあの日に、あの子と出会ったんだ―  

Posted by シェルテ at 23:02Comments(0)TrackBack(0)物語『Believe』

2008年12月29日

No.13 初ジムの行方は!?

「チコリータ!はっぱカッター!」
 シュッ
「よけろ!イワーク」
タケシはそう指示したが、あの巨大な身体で素早くよけるのは大変らしく
よけきることはできなかった。
「いいわよ!もう1回はっぱカッター」
「あなをほるだ!」
イワークは急いで穴を掘り地中に姿を消してしまった。
『えっ!どっどこ!?』
チコリータはキョロキョロし始めた。すると、チコリータの真下の地面にひびが入った。
「!チコリータ!下よ!」
『えっ!?』
 ドカッ イワークはチコリータの真下から現れ、チコリータを跳ね上げた。
さらにイワークはしっぽでチコリータにまきついた。
『うっ』
チコリータは動けなくなったばかりか、締め付けられてダメージを受けてしまった。
「チコリータ!」
リーラヴの顔はみるみる真っ青になっていった。
(どうしよう…このままじゃ負けちゃう!)

―く、苦しいよ…助けて…。もうダメ…動けない…負ける…
 …負ける? 私、自分からそう言った?ダメ…だよ…そんなの。
 変わらなきゃ。強くならなきゃ。あきらめたら、弱いままだよ。
 そんなのイヤだよ…こんなところで…負けられないの!―

チコリータは自分のどこかが動いた気がした。
「チコリータ!」
リーラヴに呼ばれて、チコリータは目を開けてみた。そこには1本の長いつるがあった。
『なっ何コレ!』
「何コレって…多分つるのムチだよ!」
そのつるはチコリータの身体から出ていた。
 ググッ
『うっ』
チコリータはさらに締め付けられた。
(早く抜け出さないと…そうだ!)
「チコリータ!つるのムチでイワークの目を塞いで!」
つるのムチはどんどん伸びてイワークの顔にぐるぐるとまきついた。
イワークはびっくりしてバランスを崩し、倒れこんでしまった。
するとチコリータにまきついていたしっぽの力がゆるんだ。
『それっ』
チコリータはその隙にしっぽから脱出した。
つるのムチはチコリータの身体の中に戻っていった。イワークはまだ倒れている。
「チコリータ、はっぱカッター!」
 シュッ イワークはその攻撃をよけることができなかった。

だいぶダメージは与えたものの、イワークは起き上がってきた。
チコリータもイワークもそろそろ限界である。
(次で…次で決めなきゃ!)
「イワーク!あなをほる」
イワークは地面に潜った。
「チコリータ!集中して、音を聞けばわかるわ!」
チコリータは静かに目を閉じて、集中した。
 ガガ イワークが地中を進む音が聞こえる。
 ガガッガガ…ゴゴッ 急に音が大きくなった。
―来る!!
 ガラガラガラッ イワークはチコリータの背後に地面を突き破って出てきた。
チコリータはすぐに気付き、くるっと身体の向きを変えた。
「はっぱカッター!」
「たいあたりだ!」
リーラヴとタケシが同時に言った。 シュッ ガガッ  ドカッ
はっぱカッターは命中した。が、チコリータはイワークのたいあたりを受けてしまった。
 ググッ 立ち上がろうとする2匹。 バタッ
イワークは力尽きて地面に倒れこんだ。リーラヴとチコリータの勝ちである。

「やったー!」
リーラヴの声がジム内に響く。リーラヴはとにかくうれしくて飛び上がった。
チコリータは自分が前より強くなっていることを実感した。
チコリータも泣きそうなほどうれしくなった。
するとタケシがリーラヴのところにやってきた。
「オレの負けだ。これを受け取ってくれ」
タケシが出したのはグレーバッジだった。
「あっありがとうございます!」
リーラヴはそのバッジを受け取った。

「よかったね!リーラヴちゃん」
ジムの外に出て、リーラヴはロイヤと話していた。
「うんっうれしいっ!」
リーラヴはバッジを見た。リーラヴにとって初めてのバッジはとてもきれいだった。
「そういえばさ…ロイヤは気付いてるの?ヒンバスのこと」
するとロイヤはクスッと笑った。
「もっちろん!わかってたからギャラドス出して応援してたんだもん!
 ヒンバスが頑張れるように~って!」
「そっか☆ありがとね」
「でもね~ギャラドスは気付いてないみたいなんだよね~」
2人はクスクスと笑いながらポケモンセンターに向かった。

その日の夜。ポケモンセンターにて…
「リーラヴちゃん。次どこ行くの?」
ロイヤはマップを見ながら言った。
「う~ん…。ハナダシティかな」
リーラヴはロイヤのマップを覗き込んだ。
「じゃあ、ちょうどいいね!」
「何が?」
ロイヤはニコッと笑った。
「フフ…明後日ハナダシティでコンテストがあるの」
「コンテスト!?出るの?ロイヤ」
リーラヴは少しびっくりしている。
「どうせ行くなら、出たほうがいいでしょ?」
「うん、そうだね。じゃ、次の目的地はハナダに決定!コンテスト見てみたいし!」
「今日は遅いからもう寝よ?」
ロイヤはあくびをしながらそう言った。

次はハナダシティ。リーラヴにはジム、ロイヤにはコンテストが待っている。  

Posted by シェルテ at 23:00Comments(0)TrackBack(0)物語『Believe』

2008年12月28日

クリスマスプレゼントは…

結局クリスマスプレゼントは何だったのか、という話です。

もう言っちゃいますよ。
『星のカービィー ウルトラデラックス』(DS)と
『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』(DS)と
『街へ行こうよ どうぶつの森』(Wii)です。

あたしとミルルが親に頼んだのは上の2つです。
3つ目は、「DSは画面が小さくて嫌だったけどWiiならいい」という風に
父母が同意して買ったらしいです。
あたし的には、まだDSの方が全然借金返せてないし…
と思ったのですが、今はDSを取られてるのでOKです。
むしろナイスだと思います。

それでどうぶつの森をやるに当たって、
村の名前を考えたのですが、これがなかなか決まらなかったんですよ。
ちなみに今までの村の名前は…
e+①いくら村
  ②チューリップ村
  ③クローバー村
DS イルカ村(あれ?ひらがなだったかも)
と、まぁこんな感じになっております。
あ、e+はゲームキューブのやつです。

…そして!厳正なる審査(あみだくじ)の結果…
村の名前はドーナツ村に決定しました!!
いやー、4日間の格闘の末、やっと決まりましたねー。
とりあえず明日攻略本買ってきまーす♪

ここから先は、あたしが大好きなキャラについての特集と最近やったゲームについてです。  続きを読む

Posted by シェルテ at 22:38Comments(0)TrackBack(0)ゲーム

2008年12月27日

あえてタイトルを付けないでおく日(ぇ)

なんかあたしってブログを更新したくても気力がないとダメなんですよね。
今回は書くネタがいっぱいあります。
なので長くなると思います。
あたしの気力が持てばの話ですが。

まずテストの結果と内申について。
まぁ大体予想はついてるんじゃないでしょうか?
ではいきますよ。良かった順で。
科目/シェルテの点数/平均点/中間期末の合計/コメント

化学/63点/58.1点/120点/唯一の平均超えです。
現国/58点/69.2点/110点/まぁあたし的には合格なんですけどね。
保健/46点/67.7点/(中間なし)/1夜漬けです。
英a/43点/56.2点/64点/中間の倍の点数を取りました。
英b/41点/63.0点/84点/前回より勉強したはずなんですけど…。
世史/41点/53.5点/99点/捨てた割には取れてますね。
数A/36点/56.3点/106点/完全に捨てた教科です。
古典/29点/50.1点/61点/あと2点なかったら追試…。
数Ⅱ/15点/41.7点/54点/えっと…予想外です。マジで。

これを見ると数Ⅱが追試なのですが
2学期初めにやった課題テストの影響でややこしいことになっています。
なんと数Ⅱは追試じゃないんです!!
…しかし、なんと英aが追試。うあああああー。
そして気になる順位は!?

クラス順位は33位!中間と同じでした。
学年順位は295位!!中間より18upです。
…あんまりうれしくないですけど。

もちろん成績はとてつもなくやばいことになっております。
6が体育と書道しかないという暴挙に至ってます。
それ以外全部5以下ですから!!
さすがに1とかはないですけどね。

ここまででも十分長いですが、まだまだネタはあります。
今を逃すと書けなくなるので頑張って書きます!!
見たい人はどうぞ。  続きを読む

Posted by シェルテ at 23:52Comments(2)TrackBack(0)日記

2008年12月21日

マジで人生どうでもよくなってきた日

ぴくしぃで交換を取りやめた理由…。
なんかぴくしぃみたいなほんわかした雰囲気の掲示板には書きたくなかったんです。
えっと…17日のことですが…DS取られました。
あ、親じゃなくて…学校です。

まぁあたしと萩が最近学校にDSを持っていって遊んでいたのは有名(?)な話…。
そして、ついに見つかってしまったのです…しかも指導部の先生に!!
えっと…確か授業が終わった後、後ろのロッカーでポケモンバトルをして
(ちなみにその頃あたしたち以外に2名がロッカーでゲームをしておりました)
空腹に耐えかねて昼食をし、そのあとマリパをやり、
さらにポケモン交換をしようと、ポケモンを選んでいた時
途中でトイレに行こうとして、ロッカーから出ました。
と、その時!!
指導部の先生と目が合ったのです。
ここでちょっと嫌な予感がよぎりました。
その直後に予感が当たりましたけど…。
先生はロッカーにズカズカと入っていったのです!!
心の中でものすごい悲鳴を上げながら、あたしはすぐさまロッカーにBack!
しかし、時すでに遅し。普通にばれました。

まぁ当然のごとくあたしも萩もDSを没収され、怒られたのです。
…まぁ怒られるのは精神的に何のリスクもありませんけど。
しかし、周りが認めるゲーマーのあたしにとってDS没収は相当なダメージでした。
マジで死にますよ。うぅ~…。
しかもDSにソフト入ったままでしたし…。
電源切る時間があったんだから、やろうと思えばソフト抜けたのかな?
しかもそのソフトがポケモンのパールとルビーですから。
350時間以上やってるパールと人生初の色違いが出たルビーですよ?
ちなみにマリパはなんとか先生にバレずにすんだので、何事もなく家にあります。
…正直パールじゃなくてマリパだったらダメージは少なかったのに…。  続きを読む

Posted by シェルテ at 22:57Comments(0)TrackBack(0)日記

2008年12月14日

テスト終わって遊んでます!な日

えっと…テスト…古典と英aは追試だと思います。
それと、前回の日記にもう寝ませんとか書きましたが、
更新した2時間後には寝ました。すみません。

えっとホントはゲームのことを書きたいのですが、
もうこんな時間(午前1時)で疲れているのでまた今度。
とりあえず、この土日は遊びまくります。
あ、月曜日は学校休みなんですけど、
放送部1年生でカラオケに行きます!!楽しみです。

あと、あたし、ポケモン同盟というのを作りました。
ブログに書いても何の意味もないんですけどね~。
とりあえずあたしの学校だけ(というかあたしのクラスだけ?)のつもりなので。

テスト返ってきてほしくない…もし追試じゃなかったとしても
怒られるのは避けられないね…。
テストのことを考えると憂鬱になります。  

Posted by シェルテ at 01:13Comments(0)TrackBack(0)日記

2008年12月12日

もう寝れません、な日

テスト…古典は追試確定ですね…あれはもうどうしようもない…。
ついに最終日、一番追試の危険がある英aと
一番覚える量が多い世界史という組み合わせですが…。
でも、世界史はあと2点とれば追試はないので…
まぁさすがに2点は取れる自信はありますよ。
1問以上正解すればOKってことですよね。ね?(殴)
というわけでもう残りの時間は英aに全て注ぎ込みます!!

えーと、英aの状況はといいますと、まだ単語覚えてません。
だから100個+教科書の単語、さらに重要表現を暗記します。
なのではっきり言って時間ありません(じゃあなんでお前はここにいるんだ!?)
今日は寝れません。あ、寝ないのは初めてですね~。
まぁ放送部の合宿の時に夜が明けるまでゲームをしていたことが
あったので大丈夫ですかね?
あ、でも部活があるからすぐには帰れないんだった…。
でもまぁ死にはしないので大丈夫です。

頑張ります。打倒英a!!追試を回避せよ!!!  

Posted by シェルテ at 01:07Comments(0)TrackBack(0)日記

2008年12月11日

競争社会に疲れてきた日

ごめんなさい、とっても久しぶりです。
まぁBelieveぐらいならすぐに更新できたんですけどね…。

只今テスト期間中。
あ、テスト1週間前とかじゃなくて、リアルにテスト当日だったりします。
火曜日~金曜日までがテストで…半分終わってるんですけど、
追試危機大な2教科(古典、英a)がまだというとってもヤバイときに
あたしは何をやってるんだろう…。
帰ってからパソコン、マリパ、ポケモンをやりましたよ。
だって、もう4日間テストなんて耐えられません。
もうほっといてほしい…。

ホントはゲームの話を書きたいんですけど、多分時間かかるので
後日、テスト後に書きます。
テスト1週間前からテレビゲームは1回もしてません。
(DSはやりまくってますけど)
あー、早く解放されたい…。

ホントに追試になると思います。
古典はなんとかなるかならないかっていうラインなのかぁと
思ったり思ってなかったり(どっちだ)するのですがね~…。
英aは絶望的です。ホントに。
あーヤダヤダ、追試なんて絶対嫌だ!!!
多分明日は徹夜します。ゲーム我慢します。頑張ります。

あぁ~また変な文章になっちゃった…。  

Posted by シェルテ at 02:35Comments(0)TrackBack(0)日記